fbpx

一般社団法人 アニマルライフパートナーズ協会

私たち、一般社団法人アニマルライフパートナーズ協会は「プレイズタッチ®」や「シニアドッグホームケア」をはじめとする家庭でできる動物のケア方法の普及啓蒙 / 犬のフィットネスやマッサージなど健康増進に関わる人材育成と資格認定 / 盲導犬や聴導犬、介助犬、セラピー犬のストレスケア方法の普及啓蒙 / 獣医師、看護師に対する動物理学療法の普及啓蒙を行っています。

九十九里ビーチドッグフェスティバル2018ではで10:00よりプレイズタッチ®&ドッグフィットネスによる愛犬と楽しい一日を過ごすためのウォーミングアップセミナーを、14:30よりプレイズタッチ®によるクールダウンセミナーを、いずれもメインステージにて約30分間づつ開催致します。

みなさまのご参加を心よりお待ち致しております。

プレイズタッチ®とは

プレイズタッチとは家族が愛犬のために簡単にできるホームケアです。

愛犬とマインドフルな時間を過ごし、圧をかけずに優しく触れることにより、犬と人双方に絆ホルモンと言われるオキシトシンを誘発します。

毎日のコミュニケーションとなるプレイズタッチが信頼関係を深め、お互いの心と体の健康に役立ちます。

プレイズタッチには「大好き」「おはよう」「おやすみ」の3セットの流れ(ルーティン)があり、ひとつのルーティンは6〜8種類のタッチ(手技)から成り立っており、犬の体全体を触れ、ケアができるようになっています。

プレイズタッチはあなたの『手』と『愛を伝えるこころ』があれば、いつでも、どこでもできます。お散歩の途中に、自然の中で、お家でのリラックスタイムに、旅行時に、etc…。様々なシチュエーションでマインドフルにプレイズタッチを愛犬と一緒に楽しんでください。

http://www.iaalp.com/website/pureizutatchi.html

 

【講師プロフィール】

山田 りこ

アメリカにて動物の行動学やタッチケア、マッサージなどを習得し、動物と人との信頼関係を深めるためのコミュニケーション方法として「プレイズタッチ®」を考案。また、犬のリハビリテーションの理論と技術を日本に導入した第一人者でもある。大学や専門学校、動物病院での指導のほか、数多くのメディア、動物関連雑誌、獣医療関連誌の執筆、講演等の活動を行なっている。動物病院や宿泊施設等における犬のリハビリテーションやドッグウェルネスについての監修も行なう。

一般社団法人 アニマルライフパートナーズ協会 代表
財団法人 動物臨床医学会 理学療法分科会 委員
Karen Pryor Academy Certified Training Partner (KPA CTP) 認定トレーナー
International Association of Veterinary Rehabilitation and Physical Therapy 会員
帝京科学大学 アニマルサイエンス科 非常勤講師
酪農学園大学 獣医保健看護学類 リハビリテーション実習講師
シモゾノ学園 国際動物専門学校 理学療法科 特別講師
宮﨑学園 大阪ペピィ動物看護専門学校 特別講師